南阿蘇村ホームページトップへ

【情報】南阿蘇村は「SDGs未来都市」に選定されました

最終更新日:

 南阿蘇村は、令和4年2月、内閣府地方創生推進室が募集する「SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業」に提案し、2022年度「SDGs未来都市」に選定されました。 令和4年5月20日内閣府合同庁舎にて選定証授与式が執り行われ、吉良清一村長が出席し、野田地方創生担当大臣より選定書が授与されました。

SDGs未来都市選定書



29_熊本県南阿蘇村 (8)


  • 20220523120123802



SDGs未来都市とは

 SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して持続可能な開発を実現するポテンシャルが高い都市・地域として選定されるものです。

 この制度は、平成30年度より始まり、国が地方創生SDGsの達成に向け、優れたSDGsの取組を提案する地方自治体を「SDGs未来都市」等として選定して支援し、成功事例の普及を促進しています。

2022年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府HP)

南阿蘇村提案内容

「3つのKによる『誰もが住みたい・住み続けたい南阿蘇村』の構築」

 1のK…環境:水を育み、自然の力を引き出す自然環境のむらづくり

 2のK…活力:農業が元気なむらづくり、魅力ある観光資源の創造

 3のK…暮らし:子どもからお年寄りまで優しい暮らしを実現するむらづくり

 先人が守り伝えてきた雄大な景観、そして村民すべてが誇りとする水を守り育み、継承しながら、自然環境を最大限に活かして産業の振興を図り、恵まれた環境によって生まれた活力を基に全ての村民が幸せを感じる村をめざします。
 村民の誰もが「いつまでも住み続けたい」、進学や就職で一時的に村外に転居した人が「帰りたい」、村外の人々が「訪ねたい」「住みたい」と思ってもらえるような魅力あふれる村、また、次世代を担う子どもたちに本村の未来をしっかりとつなぎ、愛着と誇りを持てる村を創り上げていきます。


総合的取組み事業

 適正な草原維持、放牧環境改善による地域活性化事業

【概要】

 草原の生物多様性、地下水涵養性、二酸化炭素吸収能力は、野焼き、放牧、採草など古来阿蘇地域で営まれてきた活動により維持されています。

 しかし、人口減少、高齢化に加え、熊本地震被害の影響により、草原の維持管理と利用が難しくなっていますので、このため草原の省力的、効果的な維持管理に資する取組み検討を行ってまいります。


今後の取組み

 国への提案書を基に「南阿蘇村SDGs未来都市計画」の策定に取組みます。
 吉良村長を南阿蘇村SDGs推進本部長とする体制をつくり、「南阿蘇村SDGs未来都市計画」による SDGsの推進に向けた方針・意思決定や進捗状況の評価を行っていきます。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1890)
ページの先頭へ

法人番号 6000020434337
〒869-1404 
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1  
電話番号:0967-67-11110967-67-1111   Fax:0967-67-2073  

Copyright 2020 Minami Aso village. All rights reserved.