ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 火山ガス事故防止について

火山ガス事故防止について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月3日更新

火山ガス事故防止のために

  中岳第一火口の活動が活発になっております。

 場合によっては二酸化硫黄を含んだ水蒸気等が北風にのって南阿蘇村に運ばれる事もあります。

 天気がよいときは、目視できるほどの二酸化硫黄を含んだ水蒸気等が確認されますが、二酸化硫黄は、空気より重い無色の気体で、腐敗した卵に似た刺激臭があり、目、皮膚、粘膜を刺激します。体内には蓄積しませんが、持続性のせき・たん等の症状が出るリスクが増加するなど、人体には有害な物質です。

 過去には、中岳火口付近で二酸化硫黄を吸ったことにより、健康被害が出たり、亡くなわれた方もいます。しかし、麓集落での住宅では、今まで健康被害が出たという事例はありません。

もし、体調に異変を感じるときは・・・

 麓での健康被害が出た例がないですが、もし、体調に異変を感じるときは・・・

1 なるべく外出を控える。

2 部屋の窓などを閉める。窓を閉める

3 どうしても外出するときは、外出先を周辺の人に伝えておく。

4 二酸化硫黄は水に溶ける性質があるので、腐卵臭がするなどの緊急の場合は、ウェットティッシュあるいは、タオル等を水で濡らし、口や鼻を覆うことも有効。

               

火山ガスに対しての情報

 火山ガスについては、「気象庁」や「環境省」などのホームページに掲載されています。

 最新の情報を入手し、「自分の命は自分で守る」心がけをしていきましょう。

 【環境省(阿蘇くじゅう国立公園)のホームページ】 ↓

       http://www.env.go.jp/park/aso/

        火山ガス事故防止についてPDF [PDFファイル/1.94MB]

 【気象庁のホームページ】 ↓

       http://www.jma.go.jp/jma/index.html

●阿蘇の五岳

        阿蘇の五岳

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)