ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 住民福祉課 > マイナンバーカードの交付について

マイナンバーカードの交付について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月5日更新

受け取り方法について

 皆さんが申請されたカードは、国の機関が作成し、住民福祉課に届きます。
ご本人に間違いなく渡せるように住民福祉課から必要事項を書いた案内文書を送付しています。
なお、原則本人が、住民福祉課での受け取りになりますのでご注意ください。

持参物について

 (1)交付通知書(住民福祉課からの発送)
 (2)来庁者の本人確認書類(免許証など 本人確認書類一覧はこちら
 (3)通知カード
 (4)住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

☆暗証番号について

マイナンバーカードは大切な情報ですので、複数の暗証番号で管理しています。
かんたんな数字の並びや生年月日、自宅の住所など推測されやすい番号を
登録しないようにしましょう。

(1)署名用電子証明書英数字6 文字以上 16 文字以下で設定できます。
英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上が必要です。
(・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します:e-Tax等の電子申請など)

(2)利用者証明用
(3)住民基本台帳用
(4)券面事項入力補助用

それぞれ数字 4桁
※同じ暗証番号を設定することもできます

 ※電子証明書を利用されない方は、署名用電子証明書暗証番号は必要ありません。
 公的個人認証サービスをご利用の方は公的個人認証サービスポータブルサイトをご覧ください。
 なお、マイナンバーカードをパソコンに読み込むにはカードリードライターが必要です。
   適合できるカードリーダー一覧はこちら

代理人による受け取りについて

 代理人による受け取りは次の方のみとなります。

 ☆ ご本人病気・身体の障害などやむ得ない理由により、住民福祉課へ
 来庁されることが難しい場合に限り、代理人による受け取りを委任できます。
 ただし、本人のご来庁が困難であることの証明書などが必要です。
 ☆ 15歳未満の者及び成年被後見人による代理受け取りについて
 法定代理人(両親など)も受け取りができます。

マイナンバーカード交付計画について

 総務省住民制度課では、全国のマイナンバーカード交付計画を公表されました。 公表ページ