ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 住民福祉課 > 戸籍・住民票・印鑑等各種証明について

戸籍・住民票・印鑑等各種証明について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新

各種証明目次

《窓口で住民票関係証明書を取得する場合》 《郵便で住民票関係証明書を取得する場合》
《窓口で戸籍関係証明書を取得する場合》 《郵便で戸籍関係証明書を取得する場合》
《広域交付住民票》 《印鑑証明書の交付》

はじめに

(1)第三者請求について

 第三者の戸籍・住民票の写しを請求する際は、正当な請求の理由が客観的に判断できる資料の写し
(契約書の写し)等が必要です。この第三者請求は住民基本台帳法第12条の3第1項及び戸籍法
 第10条の2第1項の契約等に基づく「権利の行使」や「義務の履行」が当たります。

  住民基本台帳法第12条の3第1項の正当な理由にあたるものの例

  • 債権者(金融機関、不動産賃貸事業者等)が債権回収のために債務者本人の住民票を取得する場合

   戸籍法第10条の2第1項の正当な理由にあたるものの例

  •  債権者(金融機関、不動産賃貸事業者等)による死亡債務者の相続人特定
  • 生命保険会社による保険金受取人である法定相続人の特定
    本村では、法律により各庁舎窓口で本人確認をさせていただいています。申請される際には必ず免許証
    などの身分証明書を持っておいでいただきますようお願いいたします。申請者皆様のご理解とご協力を
    よろしくお願いいたします。

 対象となる証明書

  • 住民票の写し、住民票記載事項証明書、戸籍の附票等
  • 戸籍謄抄本、除籍謄抄本、受理証明書等
  • 身分証明書等

本人確認に必要な資料として

A 顔写真付きの官公署発行の身分証明書の場合 1点提示

【例】・運転免許証 ・マイナンバーカード、顔写真付き住基カード・旅券・身体障がい者手帳
   その他官公署発行の写真付き身分証明書

B 顔写真付きではない身分証明書の場合 2点提示

【例】・国民健康保険被保険者証・介護保険被保険者証・後期高齢者医療被保険者証などの官公署が発行する
   身分証明書と学生証や社員証などの身分証明書2点

C 顔写真付きでない身分証明書1点しか提示できない場合

  口頭での聞き取りも行います

 なお、郵送による請求の場合も免許証など身分証明書のコピーを必ず、同封して送付して
いただきますようお願いします。

お問い合わせ先

住民福祉課 (Tel 0967-67-2702)

窓口で住民票関係証明書を取得する場合

請求できる人 本人、同一世帯の方、代理人(親子であっても別世帯の方など)(※)、第三者(※)
申請に必要なもの

印鑑(認印)、代理人の場合は、必要な方からの委任状 [Wordファイル/28KB]、          本人確認できる官公署発行の身分証明書(免許証等)

窓口申請書は住民票・印鑑登録証明書等交付申請書 [Excelファイル/68KB]

手数料(1通)300円
受付窓口住民福祉課
受付時間午前8時30分から午後5時15分まで
休日土曜日・日曜日、国民の祝日

請求に際しては使用目的又は住民票コード・個人番号の記載が必要な旨を記入してください。

(※)住民票コード又は個人番号を記載した住民票の写しの請求は、本人または同一世帯の方は窓口で交付できます。(代理請求の場合は委任状が必要で、窓口では直接住民票は交付できません。本人へ郵送となります。)

(※)第三者請求(住民基本台帳法第12条の3第1項もしくは戸籍法第10条の2第1項)は正当な理由がないと
   交付できません。
   以下の点に注意してください。
  ・利害関係と請求理由を申請書に詳しく書いていただきます。
  ・利害関係を示す資料(契約書等)の提示が必要です。
  ・請求理由を裏付ける資料が必要になる場合があります。
  詳しくは住民福祉課(Tel 0967-67-2702)までお問い合わせください。

※請求者の本籍が本村にない場合は、関係のわかる戸籍が必要になります。

郵便で住民票関係証明書を取得する場合

請求の際に必要なもの

1) 申請書

2) 手数料

  • 郵便局の定額小為替

現金書留

各証明書名手数料内容・注意事項
住民票の写し
(全部・一部・除票)
300円全部(全世帯員が記載されているもの)
一部(必要な方だけ記載されたもの)
除票(転出・死亡等で除かれたもの)
記載事項証明
(全部・一部)
300円氏名・生年月日・性別・住所等のみを証明するもの
〔続柄・本籍等(本籍は県名まで)の記載もできます〕
不在住証明書300円「本村に住民票の記録がない」という証明書

3) 返信用封筒

  • 返信先の住所、氏名を記入し必ず切手を貼ってください。
  • 返信先は住民票があるところになります。

4) 本人確認できる免許証など官公署発行の身分証明書のコピー

1)、2)、3)、4)を同封して、下記まで請求してください。

〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1 南阿蘇村役場 戸籍係 行

   (その他の書類が必要な場合もありますので、ご連絡ください)

※お近くの市区町村(例:出張先、勤務先)でも広域交付住民票(下段参照)を取得することができます。

窓口で戸籍関係証明書を取得する場合

請求できる人本人、同一戸籍(配偶者等)の方及び直系血族(父母・祖父母・子・孫等)、
代理人(従妹や叔父など)、第三者(※)
持ってくるもの

印鑑(認印)、代理人の場合は、必要な方からの委任状 [Wordファイル/28KB]、           本人確認できる官公署発行の身分証明書(免許証等)

窓口申請書は戸籍等窓口請求書 [Excelファイル/65KB]

手数料(1通)戸籍(謄・抄本) 450円
除籍(謄・抄本) 750円
身分証明書(個人) 300円
受付窓口住民福祉課
受付時間午前8時30分から午後5時15分まで
休日土曜日・日曜日、国民の祝日

(※)第三者請求(住民基本台帳法第12条の3第1項もしくは戸籍法第10条の2第1項)は正当な理由が
   ないと交付できません。
  ・利害関係と請求理由を申請書に詳しく書いていただきます。
  ・利害関係を示す資料(契約書等)の提示が必要です。
  ・請求理由を裏付ける資料が必要になる場合があります。
  詳しくは住民福祉課(Tel 0967-67-2702)までお問い合わせください。

※請求者の本籍が本村ない場合は、関係のわかる戸籍が必要になります。

郵便で戸籍関係証明書を取得する場合

請求の際に必要なもの

1) 申請書

2) 手数料

  • 郵便局の定額小為替

現金書留

各証明書名手数料内容・注意事項
戸籍全部事項証明
(戸籍謄本)
戸籍一部事項証明
(戸籍抄本)
450円現在戸籍(横書きになっています)
H16年10月30日以前に婚姻・離婚・死亡等で除籍になった方の戸籍は
改製原戸籍に記載があります。
改製原戸籍
(謄本・抄本)
750円現在戸籍の基になった戸籍(縦書き)
除籍全部事項証明
(除籍謄本)
除籍一部事項証明
(除籍抄本)
750円戸籍内の全員か婚姻・離婚・死亡等で除籍になった場合はこの戸籍になります。
転籍した場合も同様です。
戸籍附票
(全部・一部)
300円戸籍在籍中の住所の履歴が記載してあるもの
*全部は全員、一部は選択した人のみ。
不在籍証明書300円「本村に戸籍の記録がない」という証明書
身分証明書300円禁治産・準禁治産・破産の宣告及び後見の登記の通知を受けていないことを証明するもの

 

3) 返信用封筒

  • 返信先の住所、氏名を記入し必ず切手を貼ってください。
  • 返信先は住民票があるところになります。

4) 本人確認資料ができる免許証など官公署発行の身分証明書のコピー

1)、2)、3)、4)を同封して、下記まで請求してください。   

〒869-1404 阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1 南阿蘇村役場 戸籍係 行

広域交付住民票

請求できる人本人、同一世帯の方(配偶者等)
交付できる住民票

世帯全員・世帯一人分の住民票
ただし、本籍地入りの住民票は発行できません

請求につき明らかにしなければならない事項1請求者の住所、氏名
2請求者の住民票コードまたは請求者の生年月日及び男女の別
3世帯主
4記載事項の有無(マイナンバー記載の有無など)
5請求区分(世帯全部・世帯一部)
受付窓口住民福祉課
本人確認のため必要なもの官公署が発行した本人の写真が貼付されたもの
(運転免許書・パスポート等)
手数料(一通)300円
受付時間午前8時30分から午後5時15分まで
休日土曜日・日曜日、国民の祝日

※詳しくは住民福祉課(Tel 0967-67-2702)へご相談ください。

印鑑証明書の交付

請求できる人本人、代理人ともに印鑑登録カードが必要。ただし、代理人は必要な方(本人)の
氏名・住所・生年月日を申請書に書いてもらいます。
申請に必要なもの印鑑登録カード、印鑑(認印可)、印鑑登録証明書等交付申請書 [Wordファイル/56KB]
手数料(1通)300円
受付窓口住民福祉課
受付時間午前8時30分から午後5時15分まで
休日土曜日・日曜日、国民の祝日

 個人番号カードの申請についてはこちら

※ 公的個人認証サービスを申請される場合には、別途お手続が必要です。
  詳細は、こちらの公的個人認証サービス【リンク】をご覧ください。