ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 住民福祉課 > 一時預かり保育事業についてのご案内

一時預かり保育事業についてのご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月12日更新

保育園での一時預かり保育事業について

 保護者が就労、病気、看病等により一時的にお子さんを家庭で保育できなくなった場合に、保育園でお預かりをする一時預かり保育を行っています。

対象児童  南阿蘇村に住所を有し、保育園、認定子ども園(保育認定)に在籍していない乳幼児

実施園   ちょうよう保育園

        南阿蘇村大字河陽3713番地

        Tel(0967)67-2251

利用時間  午前9時から午後4時

利用料    1日2,000円

利用日数   1ヶ月12日以内

*利用申し込みは、ちょうよう保育園に利用日の2週間前までにお申し込みください。

 *保育園での受入状況によっては、お預かりができない場合もあります。

○幼児教育・保育の無償化にかかる手続きについて

令和元年10月から国の幼児教育・保育の無償化により、一定の要件を満たし「施設等利用給付認定」を受けた場合は、一時預かり保育の利用料が無料となります。

*利用料が無料となるのは以下に該当される場合です。

 

〈対象者〉

(1)  3歳以上5歳以下(年齢は4月1日現在)のお子さん

(2)  3歳未満のお子さん(年齢は4月1日現在)で住民税非課税世帯の方

 *幼稚園、認定子ども園、保育所、家庭的保育事業、企業主導型保育事業を利用していないお子さんが対象です。

 

〈保育の必要性の事由〉

(1)又は(2)に該当し、保護者のいずれもが下記の保育の必要性の認定事由のいずれかにあてはまる場合

・月64時間以上就労をしている

・母親が妊娠中又は出産後間もない(産前・産後それぞれ8週間)

・病気又は障害を有している

・長期にわたり疾病状態にある、又は障害を有する親族を介護している

・災害の復旧にあたっている

・求職活動中

・就学している

・その他上記に類する状態

 

*上記に該当する場合は、「施設等利用給付認定申請書」を住民福祉課に提出して認定を受けてください。

 

〈無償化対象の利用料の上限額〉

  ・3歳から5歳(4月1日時点の年齢)までの子ども:月額37,000円

  ・0歳から2歳(4月1日時点の年齢)までの子ども:月額42,000円

   上記上限額を上回る利用料については、保護者負担となります。

*上限額は、認可外保育施設等(認可外保育施設、一時預かり保育、ファミリーサポートセンター)を利用についての合算 

 の限度額です。

 

〈施設等利用給付認定申請方法〉

申請先:南阿蘇村役場住民福祉課 

提出書類:(1)施設等利用給付認定申請書

(2)  添付書類:保育の必要性があることがわかる書類

(就労証明書、介護・看護証明書等保育の必要性のある事由により、必要書類が 異なりますので住民福祉課にお問い合わせください)。

*施設等利用給付認定申請書は住民福祉課窓口に備えつけております。

(3)子ども年令が0歳から2歳(4月1日時点の年齢)の住民税非課税世帯の場合で、申請年の1月1日に南阿蘇村に住所が なかった場合は、住所があった市町村の住民税非課税証明書

(注)

「施設等利用給付認定」は利用月の前月までに必ず認定を受けてください。無償化の要件に該当されていても認定を受けずに利用された場合は、利用料の負担が必要となりますのでご注意ください。