ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 復興推進課 > 南阿蘇村に「麦わらの一味」のロビン像が設置されます

南阿蘇村に「麦わらの一味」のロビン像が設置されます

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月25日更新

ONE PIECE熊本復興プロジェクト 麦わらの一味「ヒノ国」復興編

熊本こと「ヒノ国」に上陸した麦わらの一味は、熊本地震の被害が広範囲に及び、今なお、住民が苦しんでいることを知ります。
 そこで、船長ルフィが、一味の仲間たちに被災地の復興の手助けを指示。
 仲間たちは、それぞれの特技で被災地の困り事を解決し、復興へのエールを送るルフィのもと(県庁)での再開を誓います。 

 熊本復興プロジェクトロビン

ロビンが南阿蘇村に駆け付ける!

 熊本地震の被害や教訓を後世に伝承する「熊本地震震災ミュージアム」の拠点として生まれ変わる東海大学阿蘇校舎。熊本地震の大きな痕跡が土地・建物ともに当時のままで残っており、被害の実情や自然の脅威を物語っています。また、校舎のある南阿蘇村では、大学の被害に加え、「阿蘇大橋」の崩落や土砂崩れなどによる甚大な被害を受けました。
 そんな東海大学阿蘇校舎には、「考古学者」のロビンが駆け付けます。
 南阿蘇村の「復興」が花開くよう、歴史の語り部として研究を重ね、記憶と教訓を語り継ぐ手助けを行っています。

被災した旧東海大学阿蘇校舎1号館建物1号館建物保存イメージと見学通路の整備イメージ地表地震断層の出現箇所に整備する見学通路のイメージ

ロビン像情報

設置予定地:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽
       (東海大学阿蘇校舎・正門付近)
問い合わせ:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705-1
        南阿蘇村役場 復興推進課
        

mawaru

麦わらの一味の像の周辺の観光情報なら、スタンプラリー感覚で県内を回れるアプリ「mawaru」が便利です。

■iPhoneの方はこちらからダウンロード

■Androidの方はこちらからダウンロード