南阿蘇村ホームページトップへ

児童手当について

最終更新日:

児童手当とは

家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に役立てることを目的として、児童を養育する者(父母その他の保護者)に支給される手当です。

支給対象となる児童

中学校修了前までの児童(15歳の誕生日後の最初の3月31日までの間にある児童)

※留学中などの場合を除き、日本国内に住所がある子どもが対象です。

児童手当を受給できる方

南阿蘇村に住所がある方で、対象児童を監護(=監督・保護)・養育している方

※父母ともにあてはまる場合は、生計の中心者(恒常的に所得がより高い方)が受給資格者となります。

手当額(1人あたり月額)

手当額(児童1人あたり月額)

 児童の年齢

 児童手当の額(1人あたり月額)

 3歳未満

一律 15,000円 

 3歳以上小学校修了前

 10,000円(※第3子以降は15,000円)

 中学生

 一律 10,000円

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降を指します。

 児童手当には所得制限があり、所得が限度額を超える方に対しては、児童1人あたり月額5,000円の特例給付の支給となります。

所得制限

扶養親族等ごとの所得制限限度額は下の表のとおりです。

所得制限限度額

 扶養親族等の人数

 所得制限限度額

 0人

 622万円

 1人

 660万円

 2人

 698万円

 3人

 736万円

 4人

 774万円

 5人

 812万円


修正申告などに伴って、所得や控除、扶養人数などに変更があり、所得制限限度額を上回る、または下回ることとなった場合、手当額が変わることがあります。

差額の支給・返還が発生することがありますので、修正申告をされた際はご連絡ください。

支払月(支払日)

2月・6月・10月

原則として支払月の各10日が支払日ですが、10日が土日祝日の場合は直前の平日が支払日となります。

支払月の前月分までの手当を支給します(例:6月に2月分から5月分までの4ヶ月分の手当を支給)。

 

児童手当の手続き

児童手当の主な手続きは以下のとおりです。 

場合によっては追加の手続きや書類が必要なことがありますので、詳細は子育てワンストップセンターまでおたずねください。

児童手当・特例給付は、申請した月の翌月分から支給されます。

ただし、月末に出生や転入があった場合は、異動日(出生日や転入日)の翌日から15日以内に申請すれば異動日の属する月から支給を受けることができます。期限を過ぎると、手当を受給できない月が発生する場合がありますのでご注意ください。

本人確認のお願い

マイナンバーの記載が必要な手続きの際は、マイナンバーの確認と合わせて本人確認が必要です。

次の(1)、(2)の確認書類をご準備ください。

(1)マイナンバー確認書類
 マイナンバーカード、個人番号通知カード、マイナンバーが記載された住民票など

(2)本人確認書類
 マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど(公的機関が発行した顔写真つきの身分証)
※健康保険証や年金手帳、顔写真のない身分証などは2点提示が必要です。

認定請求

・受給資格者が他の市区町村から南阿蘇村に転入した場合

または、南阿蘇村に住所がある方で

・第1子(初めての子ども)が生まれた場合

・対象児童を新たに養育するようになった場合(結婚・離婚など)

・受給者が公務員でなくなった場合 など

※里帰り出産などで村外で出生届を提出された場合も、受給資格者の住所が南阿蘇村にある場合、南阿蘇村で児童手当の認定請求手続きが必要です。

※公務員のうち、勤務先の変更などにより所属庁から児童手当が支給されない場合も認定請求手続きが必要です。

認定請求に必要なもの

・印鑑(スタンプ式でないもの)

・請求者(児童の父母等で所得が高い方)の健康保険証の写し
※健康保険証の被保険者記号・番号などにマスキング(塗りつぶすなど)を施してください。

・請求者名義の預金通帳、又はキャッシュカードの写し

・請求者及び配偶者の個人番号確認書類

・本人確認書類

〈追加で必要な書類がある場合〉

【児童と別居している(住民票の住所が別になっている)場合】

・対象児童の個人番号確認書類

額改定請求(増額・減額)

・現在児童手当を受給中の方で、2人目以降の子どもが生まれた場合

・養育する対象児童に増減があった場合(離婚・結婚など)

額改定請求手続きに必要なもの

・印鑑(スタンプ式でないもの)

〈追加で必要な書類がある場合〉

【児童と別居している(住民票の住所が別になっている)場合】※増額の場合のみ

・対象児童の個人番号確認書類(マイナンバーカード、通知カード、個人番号記載の住民票など)

支給事由消滅届

・受給者が村外へ転出する場合(対象児童や配偶者は引き続き村に住所がある場合も含む)

・受給者が公務員になった場合

・対象児童全員を養育しなくなった場合(離婚・結婚など)

支給事由消滅手続きに必要なもの

・印鑑(スタンプ式でないもの)

口座変更届

・手当の振込指定口座を変更したい場合

口座変更手続きに必要なもの

・印鑑(スタンプ式でないもの)

・変更したい口座の預金通帳、又はキャッシュカードの写し
※口座は受給者本人名義のものに限ります。児童や配偶者名義の口座は指定できません。

氏名・住所等変更届

・受給者や支給対象児童の氏名が変わった場合

・村内で住所が変わった場合

氏名・住所等変更手続きに必要なもの

・印鑑(スタンプ式でないもの)


代理人による手続き

 認定請求者や受給者本人以外の方が代理で手続きをされる場合は、以下のものが追加で必要です。

追加で必要なもの

・代理人の本人確認書類(窓口でご提示ください)

児童手当を継続して受給するためには

 児童手当の受給者は、毎年6月に「現況届」の提出が必要です。

 現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受ける要件を満たしているかどうかを確認するためのものです。

 対象者には、5月末に現況届の案内文書と記入用紙を送付します。6月中に、子育て支援課の窓口までご提出ください。

 現況届の提出がない場合や提出が遅れた場合は、6月分以降の手当が受けられなくなったり、支給が一時差止めとなる場合がありますので、必ず提出してください。

現況届手続きに必要なもの(提出物)

・現況届

・印鑑(スタンプ式不可)

・受給者の健康保険証の写し

【児童と別居している(住民票の住所が別になっている)場合】

・別居監護申立書

時効について

 2年間現況届を提出しない場合、差し止められた未払いの手当は時効となり、児童手当の受給権が消滅します。

郵送での手続きについて

 窓口にお越しいただいての申請が困難な場合など、各手続きは郵送でも受付しています。

 必要書類に漏れがないようご確認いただき、申請者(受給者)の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)の写しを同封のうえ、以下のあて先まで送付してください。

【あて先】
〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1
南阿蘇村役場 子育て支援課 児童手当担当あて

※郵送での手続きの際は、郵便が届いた日が受付日となりますのでご注意願います。

※手続きや郵送にあたってご不明な点は、お電話などでおたずねください。



このページに関する
お問い合わせは
(ID:982)
ページの先頭へ

法人番号 6000020434337
〒869-1404 
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1  
電話番号:0967-67-11110967-67-1111   Fax:0967-67-2073  

Copyright 2020 Minami Aso village. All rights reserved.