南阿蘇村ホームページトップへ

寒くなったら水道管の凍結にご注意ください

最終更新日:

例年、寒波の影響による凍結により、水道管が破裂したという事例が多く見受けられます。

水道管が凍り、破損した場合はしばらく水が使えないだけではなく、修繕費用で出費が増え大変です。

こんなときは水道管凍結に注意!

冬場に長期間留守にする場合や、最低気温がマイナス4℃以下になると水道管は凍結しやすくなります。屋外の北側で日陰になる場所や風当たりの強いところ、露出している水道管は特に注意が必要です。

天気予報に注意して水道管を凍結から守りましょう。

水道管の凍結を防ぐ方法

屋外の水道管・メーターボックス内の保温をする

  • 日陰や風当たりの強い水道管、温水器の水道管は凍結しやすいので、保温材や布類などを巻きつけて保温をしてください。加熱式の保温ヒーターを設置する方法もあります。
  • メーターボックス内には布類や梱包用の発泡スチロールを散らばらないようにビニール袋に詰めて、入れておくと保温材になります。

止水栓を閉め、水抜きをする

  • 数日間家を空ける場合に有効です。
  • 水抜きの方法

(1)水道メーター手前のバルブを閉める。

(2)蛇口から水またはお湯を出し切り、水道管を空にする。

蛇口を少し開けておく

  • 夜間、蛇口を少し開けておく(水が糸を引く程度)ことで凍結を防ぐことができます。
  • 水資源の保護のためにバケツなどに水を貯めて再利用しましょう。

もしも水道管が凍結してしまったら…

水道管が凍ってしまった場合、日中の気温が上昇すれば水は出るようになります。ただし、急いで水が必要な場合は凍結場所をタオルなどで覆い、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。直接熱湯をかけると水道管の破損につながるので絶対にやめましょう。

広報南阿蘇12月号でも対策を紹介しています。

広報みなみあそ2021年12月号 (11月30日発行) 別ウィンドウで開きます

水道管が破損し漏水したら…

まずは止水栓を止め、水道業者へ依頼し、修理をお願いします。

適切な対応をしていて、水道管が破損した場合は漏水減免の対象となる場合があります。水・環境課水道係へご相談ください。

水道料金の減免について別ウィンドウで開きます

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1655)
ページの先頭へ

法人番号 6000020434337
〒869-1404 
熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1  
電話番号:0967-67-11110967-67-1111   Fax:0967-67-2073  

Copyright 2020 Minami Aso village. All rights reserved.