南阿蘇村ホームページトップへ
文字サイズ変更 拡大標準
背景色変更 青黒白

ローカル線「南阿蘇鉄道」熊本地震からの全線復旧復興事業

最終更新日:

企業版ふるさと納税でご支援ください!

企業版ふるさと納税とは

地方公共団体が行う地方創生の取組に対する企業寄附ついて、法人関係税を税額控除する制度となっとおります。
詳しくは内閣府関連ページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。


南阿蘇鉄道とは

田園の中を走る南阿蘇鉄道

南阿蘇鉄道は、旧国鉄高森線の存続危機のなか、1985年4月1日に第三セクターの南阿蘇鉄道株式会社を設立、翌1986年4月1日より開業しました。

開業以来地元の公共交通機関として、通学や通院方などを中心に利用されると共に、トロッコ列車「ゆうすげ号」を中心に、南阿蘇観光に欠かせないものとなっております。

詳しくは、南阿蘇鉄道株式会社HP別ウィンドウで開きます(外部リンク)へ。


被災状況及び現在の状況

2016年4月16日の熊本地震本震により、南阿蘇鉄道沿線は甚大な被害をうけ休業せざるを得ない状況でした。

特に立野〜長陽間は、2つのトンネルで内壁の崩落や亀裂が見つかり、鉄橋の橋桁も損傷、線路は250mにわたって流出しました。

  • 南阿蘇鉄道の線路被災写真
  • 南阿蘇鉄道トンネル被災写真


震災後、南阿蘇鉄道全線で不通になっていましたが、同年7月31日に全線17.7kmのうち高森~中松間(7.1km)で運転を再開しました。現在、2023年夏の全線開通を目指し、日々復旧工事に励んでおります。

  • 部分運行再開後のトロッコ列車



全線開通に向けた主な取組み

第一白川橋梁の復旧

白川第一橋梁の工事写真

第一白川橋梁(全長166m)は地震の影響により、橋脚地盤の地盤崩れ、また橋も変形したため、撤去して新たに架け替えることにしました。

(写真は撤去作業中の様子。現在撤去は完了しております)


JR豊肥本線への乗入れ対応

現在の立野駅の様子

南阿蘇鉄道再生協議会は、2020年10月27日、JR豊肥本線との接続を強化し利便性の向上を図ることを目的に、2023年夏の全線復旧に合わせ、立野駅を経由して肥後大津駅まで乗り入れる方針を決めました。

これにより、新たなレールの敷設、乗入れ対応車両の導入などを進めていきます。

(写真は、現在の立野駅。全線復旧に併せて立野駅周辺整備事業も進めています)


総事業費・寄附目標など

<総事業費>
 約80億円

<寄附目標額>
 2億5千万円

事業につきましては、南阿蘇村から南阿蘇鉄道株式会社へ支援事業補助金として支出し、南阿蘇鉄道株式会社が事業を実施します。

南阿蘇村のローカル線「南阿蘇鉄道」熊本地震からの全線復旧復興事業に充てます。

企業版ふるさと納税での応援をよろしくお願いいたします。

  • 白川第一鉄橋完成パース

    南阿蘇鉄道白川第一橋梁の完成イメージ



  • メール問い合わせ画像


このページに関する
お問い合わせは
(ID:1439)
ページの先頭へ
熊本県南阿蘇村ふるさと納税特設サイト

楽天ふるさと納税、ふるなび、ふるさとプレミアム
問い合わせ先:株式会社ローカル
TEL:096-274-4800(受付時間:平日10時から18時)

ふるさとチョイス、JALふるさと納税、ふるさとパレット
問い合わせ先:一般社団法人みなみあそ観光局
TEL:0967-67-2713(受付時間:平日9時から17時)

さとふる
問い合わせ先: 株式会社さとふる

TEL:0570-048-325(受付時間:平日10時から17時)

Copyright 2020 Minami Aso village. All rights reserved.