ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境対策課 > 住宅用太陽光発電設備で売電をされている方へ(お知らせ)

住宅用太陽光発電設備で売電をされている方へ(お知らせ)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月16日更新

固定価格買取制度(Fit)の買取期間の満了について

固定価格買取制度(Fit)の買取期間が2019年11月から順次満了します。

固定価格買取制度とは?

「再生可能エネルギー固定価格買取制度」通称Fitは、太陽光エネルギー普及のために、太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社があらかじめ決められた価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。
10kW未満の住宅用太陽光発電で作られた電気のうち、家庭で使いきれない余剰電力を10年間固定価格で買い取る制度として2009年11月にスタートしました。

契約期間の満了とは?

2019年11月以降、売電開始から10年間を経過した設備から順次売電契約が満了します。
ご自分の売電期間は電力会社と結んだ契約書や、毎月の購入電力確認票(検針票)でも確認できます。
また、売電先の電力会社からは事前に期間満了の通知が届くことになっています。

買取期間が満了したらどうなるの?

買取期間が満了すると、法律に基づく電力会社の買取義務がなくなります。
期間満了後の電気の使い方には以下のような選択肢があります。

(1)自家消費(蓄電池や電気自動車と組み合わせて自宅の電力に活用)

蓄電池を導入すれば、余剰電力を貯めておき発電しない夜間などに使用できます。
電気自動車やプラグインハイブリット車があれば、充電して動力源に利用する一方、蓄電池と同じく貯めた電気を夜間などに使用できます。
(※発電量が大きく、蓄電池などへの充電や自家消費でも使いきれない余剰電力が生じる場合は、電力会社に売電することが可能です。)

(2)相対・自由契約(新たな電力会社と契約し、余剰電力を売電する)

小売電気事業者などと新たに契約を結び、売電することができます。
(売電単価は事業者によって異なります)
電力会社によっては、余剰電力をいったん預かり、発電しない夜間などに預けた分を使用できるプランも発表されています。
設備を撤去して発電をやめることもできますが、一般に太陽光パネルの寿命は20から30年、パワーコンディショナーは10から15年とも言われ、適切な保守管理を行えば長く使えます。
まだまだ使える設備を最大限利用して再生可能エネルギーを活用しましょう。

もっと詳しく知りたい方へ

資源エネルギー庁のホームページに詳しい情報サイトが開設されています。
小売電気事業者や電力会社などのホームページにも契約などの情報が掲載されています。
色々調べて検討し、あなたが一番納得できる方法を選びましょう。