ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > マイナンバー > マイナンバー情報連携の本格稼働が始まりました

マイナンバー情報連携の本格稼働が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月13日更新
 マイナンバー法に基づき、これまで行政機関等窓口手続で提出する必要があった書類を省略できるように
専用のネットワークシステムによる情報連携が全国で始まりました。 マイナンバーと本人確認書類(※1)の提示
ができれば、南阿蘇村役場では下記手続きの添付資料が不要なります。
マイナンバーの提示について

主な手続き

省略可能な書類例

該当事例

児童手当

認定請求

住民票(※2)、所得証明書(※3)           

第1子の届出

現況届

額改定

第2子以降の届出

児童扶養手当

住所異動(転入)

父母が婚姻を解消した児童や父又は母が死亡した児童の届出など

認定請求

現況届

額改定

世帯員変更の届出など

特別児童扶養手当

支給申請

所得証明書

障害児通所支援・入所支援

申請

課税証明書

生活保護受給証明書

障害福祉サービス

申請

課税証明書

生活保護受給証明書

介護保険

被保険者証交付の申請

医療保険被保険者証(※4)

保険料の減免申請

住民票

課税証明書

公営住宅

入居申請

住民票

入居者のみ(保証人分は省略できません)

※1  本人確認書類の提示は本人へのなりすまし防止のため提示していただくものです。
※2 進学・通学等を理由に手当の対象児童と別居はしているものの同一生計家族としている場合、
   児童と同世帯の住民票が必要です。
※3 所得証明書は1月1日に住所があった市区町村から申告されたデータを受領します。
   村外から転入された方はその年の1月1日の住所地を手続時に担当者に伝えてください。
※4 国共済・地共済、私学共済、一部の健康保険組合等や協会けんぽの被扶養者に関する手続に
   ついては、引続き健康保険証が必要になります。
※なお、上記とは別にマイナンバーを利用する事務手続きには、添付資料の省略はありませんが、
確定申告、後期高齢者医療保険、保育所の入所申込み、妊婦の届出等のマイナンバーを申請書等に
記載する事務もありますので、下記のとおりマイナンバーの提示と本人確認資料の持参をお願いします。

マイナンバーの提示例

「マイナンバーカード」もしくは
「通知カード」+「本人確認書類(免許証等)」または
「マイナンバー入り住民票」+「本人確認書類(免許証等)」

マイナンバー(通知)カードの見本はこちら
通知カードの再発行はこちら

本人確認できる書類例

1点でよいもの

運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害手帳、精神障害者保健福祉手帳、
療育手帳、在留カード、特別永住証明書など官公署から発行された顔写真があるもの

2点以上の提示が必要なもの

各種保険証(国民健康保険、健康保険、介護、共済組合員)、年金手帳、学生証、社員証、
預金通帳、乳幼児医療受給者証、母子手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書など
「氏名・生年月日」、もしくは「氏名・住所」が記載されたもの