ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 令和2年度給与支払報告書の提出について

令和2年度給与支払報告書の提出について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月28日更新
令和元年(平成31年)中に給与の支払いがあった事業所(個人事業主)は、給与支払報告書の提出が必要です。給与の支払いをしたすべての従業員(以下、給与受給者といいます。)の給与支払報告書を作成し、提出をお願いします。
(注)給与受給者には、退職等により給与の支払いを受けなくなった方、事業専従者、アルバイト等も含みます。

給与支払報告書(総括表)について

南阿蘇村に提出する「総括表」は、別紙の南阿蘇村提出用をお使いいただき、所要事項記入のうえ給与支払報告書(個人別明細書)と併せて提出をお願いします。
(1)給与支払報告書の提出期限  令和2年1月31日(金曜日)(期限の直前は大変混雑いたしますので、早めの提出に御協力お願いします。)
(2)熊本県及び県内各市町村では、個人住民税特別徴収の全県的推進を行っております。
(3)下記の理由でやむを得ず普通徴収とされる方の分は、別紙仕切紙で普通徴収申請書に分けて人数を記入のうえ提出願います。
【普通徴収該当】
A.退職者又は退職予定者(5月末まで) 
B.他の事業所で特別徴収の方(乙欄該当者) 
C.毎月給与の支払がない方(給与の支払い が不定期)や平成31年(令和元年)中の給与支払見込額が93万円未満の方
D.個人事業主の事業専従者の方
E.事業所の受給者総人員が2人以下
※普通徴収とする理由が不明確な場合、当村の判断で特別徴収とする場合があります。
※eLTAXを利用して提出される場合も摘要欄に略号(A~E)を入力してください。

総括表は11月下旬に郵送します。総括表がない場合は、税務課までご連絡いただくか、ダウンロードしてご使用ください。

給与支払報告書に関する様式のダウンロード

提出先・提出方法

給与支払報告書の提出先は、令和2年1月1日現在の給与受給者の住所地です。
(注1)住所地が南阿蘇村以外の方の分については、各々の市町村へ提出をお願いします。
(注2)年の途中に退職した方の分は、退職時の住所地へ提出してください。
住所地が南阿蘇村の方の分については、下記のいずれかの方法で提出をお願いします。
窓口での提出
南阿蘇村役場 税務課
郵送での提出
郵便番号:869-1404
住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字河陽1705番地1 南阿蘇村役場 税務課 宛

eLTAX(エルタックス)による提出

eLTAXとは、インターネットを利用して地方税における手続きを行うシステムです。
当村では、eLTAXによる給与支払報告書の提出も可能です。
詳しくはeLTAXのホームページをご覧ください。

提出後の内容訂正について

(1)給与支払報告書を提出後、内容に追加や訂正があった場合は、総括表及び個人明細書の摘要欄に「追加分」または「訂正分」と朱書きして、再提出してください。
(2)給与支払報告書を提出後、給与受給者が退職や転勤、休職などにより特別徴収ができなくなった場合、「給与支払報告書に係る給与所得者異動届出書」(以下、異動届出書といいます。)を提出してください。
令和元年(平成31年)度と令和2年度で異なる市町村に給与支払報告書を提出している場合、必ずそれぞれの市町村へ該当する異動届出書を提出してください。

【例】A社はBさんの令和2年度の給与支払報告書を南阿蘇村へ提出した。しかし、令和元年(平成31年)度(現年度)のBさんの住民税はX町で課税されており、Bさんは令和2年3月末でA社を退職した。
【回答】令和元年(平成31年)度の異動届出書はX町へ、令和2年度の異動届出書は南阿蘇村へそれぞれ提出してください。

今後の電子申告における注意事項

平成26年から、前々年に税務署に提出した源泉徴収票の提出枚数が1000枚以上である場合は、給与支払報告書をeLTAXや光ディスク等により提出することが義務付けられました。

平成30年度税制改正により、令和3年(2021年)1月1日以降に提出する分については、その基準となる枚数が「1000枚」から「100枚」に引き下げられます。
例えば、平成31年(2019年)1月に税務署に提出した「源泉徴収票」の枚数が「100枚以上」の場合、令和3年(2021年)1月に市町村に提出する「給与支払報告書」は、eLTAXか光ディスク等により提出しなければなりません。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)