ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成28年熊本地震に関する情報 > 南阿蘇村自宅再建諸経費助成事業補助金について

南阿蘇村自宅再建諸経費助成事業補助金について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月9日更新

補助内容

 平成28年熊本地震で被災し住宅を失った方が、南阿蘇村内で住宅を新築された場合、建築費用と別に発生する諸経費相当額の助成を行います。

 補助額

  諸経費相当額とは、住宅建築費用額及び土地取得額の税抜き額に7%を乗じた額

  又は、100万円のいずれか低い額

補助対象者

  以下の(1)及び(2)に該当される方 
   (※熊本県自宅再建利子助成事業補助金に該当した方は、本事業も対象とします。)

 (1)次の「1」から「4」のいずれかに該当される方

   「1」応急・みなし仮設住宅の入居世帯(特例入居除く) 

   「2」全壊又は大規模半壊の罹災証明の交付世帯

   「3」半壊の罹災証明の交付世帯で解体した世帯    

   「4」長期避難認定中に一定の要件を満たす世帯(※1)
   ※1 長期避難世帯認定中に、村内で新築による自宅再建で、被災者生活再建支援金の加算支援金(200万)を受給された世帯とします。 

 (2)世帯収入500万以下。ただし子育て世帯については、子ども1人の場合550万、2人の場合600万、3人以上の場合700万以下に収入要件を緩和します。(※2その他高齢者、障がい者についても緩和措置があります。)
 また、個人事業者等は所得で判断いたします。(※2 詳しくは次のファイルを参照)

 ※2 収入要件等説明資料 [PDFファイル/82KB]

交付申請方法

 本助成事業の申請は、新築した住宅に転居を完了した後となります。

 その後、本助成事業交付申請書(様式第1号)、事業完了実績報告書(様式第2条)並びに必要書類を添えて、南阿蘇村復興推進課までご提出をお願いいたします。

 交付申請関連様式一覧 [PDFファイル/231KB]

必要書類

(共通)

1 村長が発行する罹災証明書の写し

2 住民票(再建した住宅に入居する世帯全員のもの)

3 住宅を再建し、その住居に入居した日の属する年の前年(前年の課税所得証明書が取得できない場合は、前々年)の課税所得証明書(世帯全員のもの)

4 入居者一覧(様式第1号の2)

5 補助対象経費の領収書

6 契約書(工事請負契約書、不動産売買契約書)

7 竣工写真

 

(罹災証明書で半壊の判定を受け、その住宅を解体した場合)

8 被災した住宅の解体を証明する書類の写し

(別居する扶養親族がいる場合)

9 戸籍謄本又は戸籍抄本

10 住宅を再建し、その住居に入居した日の属する年の前年(前年の所得証明書が取得できない場合は前々年)の別居する扶養親族の課税所得証明書

(障がい者及び特別障がい者がいる場合 ※収入要件等説明資料の3に該当する場合

11 身体障がい者手帳、療育手帳又は精神保健福祉手帳の写し(氏名、生年月日及び障がいの程度が記載されている箇所)

 (申請者と諸経費を支払った者が異なる場合)

12 申請者と諸経費を支払った者の続柄が分かる書類

 (その他)

13 村長が必要と認めるもの

補助金交付までの流れ

1 補助金交付申請並びに完了実績報告書提出(被災者の方)

           ↓

2 申請書類等にて審査事務(村)

           ↓  

3 交付決定又は不交付決定通知を申請者に通知(村)

           ↓

4 交付決定通知を受けられた方は、補助金請求書を提出(被災者)

           ↓

5 補助金請求書受け取り後、指定の口座に補助金を振り込み(村)

申請期限

 本補助金の申請期限は、住宅を再建し、その住宅に入居した日から6ヶ月経過した日まで、又は平成32年2月29日のいずれか早い日までにお願いいたします。

 なお、平成29年4月14日以降平成29年12月25日以前に住宅を再建されている方は、平成29年12月25日から6ヶ月を経過する日までとなります。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)