ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

南阿蘇村ハザードマップ

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月31日更新

南阿蘇ハザードマップを掲載しました。

自分自身が居住している場所が土砂災害等に対し、大丈夫な場所なのかといった、“情報”を知っておくことは大変必要なことです。

村としましては、平成24年九州北部豪雨災害及び熊本地震の教訓を踏まえ、住民がより安全に安心して避難できるよう、新たな避難勧告等発令基準を定めました。策定にあたっては、災害種別ごとに、区ごとの危険度に応じて避難勧告等の発令を行うため、従来の土砂災害警戒区域と、熊本地震後に国土交通省が実施した「土砂災害危険度緊急点検」の結果等を参考としています。

南阿蘇村ハザードマップ [PDFファイル/7.39MB]

(JPEG版)南阿蘇村ハザードマップ [その他のファイル/1.47MB]

南阿蘇村ハザードマップ(記事面) [PDFファイル/1.34MB]     

避難所について

避難所については、避難時の周辺状況により、行政区等に関わらず安全と思われる避難所に避難すること。 

※予防的避難とは、夜中に大雨等が予想される際に、危険が差し迫っていない明るい段階において避難をする取組みをいう。

土砂災害防止法について

土砂災害警戒区域とは、土砂災害防止法(平成13年4月施行)に基づき、土砂災害から住民の生命を守るために、土砂災害が発生するおそれがある区域を明らかにし、警戒避難態勢の整備や一定の行為の制限を行う目的で施行されました。

◆土砂災害防止法の概要

土砂災害防止法 [PDFファイル/1月12日MB]

◆土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)・土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)とは

土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域とは [PDFファイル/5.61MB]

南阿蘇村 土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域マップ

土砂災害警戒区域は県が主体となって、平成18年度から土石流の発生の高い危険渓流から調査を始め、平成27年10月6日の告示をもって村内全域の指定が完了しております。

平成24年度指定の土石流危険渓流の31渓流を掲載しました。

平成26年度指定の土砂災害警戒区域を掲載しました。

平成27年度指定の土砂災害警戒区域を掲載しました。

南外輪山から見た阿蘇五岳

南外輪山から見た阿蘇五岳

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)